クールビズに学ぶパッシブな暮らし

6月から環境省が「スーパークールビズ」を推奨していますね。夏の冷房費を抑えるために、衣替えによってエネルギーをできるだけ使わないように仕事をしよう!という解釈でいいのでしょう。「仕事」をパッシブに涼しくしよう。というなれば、「暮らし」をパッシブに涼しくしよう。という考えも良いですよね。昔から、夏の暑い時期は窓を開けて風通しを良くしよう。ヨシズやスダレを使って、暑い日差しを遮ろう。打ち水で熱を蒸散させよう。風鈴で涼しい音を鳴らそう。いろんな工夫をしてきましたよね。エアパスソーラー工法を採用しているので、夏は断熱材による蓄熱を無くして涼しく過ごせるので、とても心地よく暮らせます。まさに「衣替えのできる家」です。まだ冬しか体感していない方は、ぜひこの時期に体感してみてください。今日、午前中、建築現場にお客様をご案内いたしました。家づくりをお考えの方は、必ずご覧いただきたいですね。岐阜性能表示材の認定を受けた、すべて本物の木の家です。棟上げしたばかりの現場ですので「構造」を見るにはバッチリですね。「建築現場、始めてみました」「見て納得できました」などのお言葉もいただきました。建築現場を見てみたい。という方は、ぜひスタッフまでお問い合わせください。岐阜市の不動産会社で土地探しをしよう