自然に触れる庭をつくる

「わが社の鯉」わたしたち、ただの土地や物件を売るだけの不動産屋ではありません。その土地はあくまでも暮らしのステージ。そこでどんな暮らしをするのか、心豊かな暮らしを実現するお手伝いをしたいと思っています。なので、不動産店舗のある敷地内には築山と池が(笑)岐阜の飛山濃水をイメージしています。岐阜に根付いた暮らしを受け継ぐ。自然に触れる暮らしをする。今日はそんな暮らしの一つお役立ちに?なればと、不動産店舗の敷地内にいる鯉の紹介です。わが社にいる鯉は、頭が良いというか、臆病ものというのか。。鯉って夜行性でしたっけ?わが社の鯉は現在8匹?長老1匹と中位1匹と小鯉が6匹。長老はとある日の朝方に、仲間4匹を失い自らも傷を負いました。「その経験から?」日も暮れ皆が寝静まるころから、朝方7時頃までわが社の池は寝静まりません!!グルグルグルグルと波紋を描きます。中では沢山の魚が泳いでます。※朝7時に鯉の巣を見ると、昼間はまったく見えない鯉の姿が見えます。しかし、音を少しでも立てると、瞬時にかくれて見えなくなります。わが社の鯉は隠れの天才です。鯉なのに、鯉だから、頭がいいな。と感じた朝でした。※どぅも、子供を産んだのではないか?と思うこの頃。どぅも、長老の同じ色(シルバー)の小鯉がいるんです。う~~~ん。こんな色前からいたかな??PR:岐阜の不動産SHOP