月別アーカイブ: 2018年1月

薪ストーブを取り入れるには

岐阜の不動産屋で中古住宅を買ってリノベーションをするお客様がいらっしゃるのですが、かなりの大型リノベーション。なんと薪ストーブを設置します。岐阜市内とはいえ山のほう。田舎暮らしに似合う薪ストーブと薪小屋です。といっても薪ストーブって結構難しいんですよね。わたしもモデルハウスにいるときは薪ストーブをつける係です。朝8時半から薪ストーブの火をつけにいきます。薪ストーブの前にたって15分は普通にすぎてしまいます。。着火が苦手な私はなおさらです。ただ、薪ストーブは飽きないですね。木の種類によって燃え方って全然違うんですね。本日白樺の木をいれました、バチバチと音が鳴ったかと思うと皮だけ燃えていました。杉やヒノキとは全然ちがいました。こんなことに気がつくことも薪ストーブのたのしみですね。毎朝モデルに大量の薪を運びます。2往復ぐらします。着火の前には、どうやって着火をするか木の気持ちになって考えます。暖をとるまでのこの手間。結構嫌いじゃないんだと、最近気が付きました。さて、OBさんが、育ててくれたクリスマスローズを展示してくださいました。クリスマスローズって、レトロな雰囲気をかもしだしていますよね。そこが好きなんです。見ると、心のテンションが上がりますね♪